園だより H29.9月号

室内環境

最近、ひよこ組(0歳児)とうさぎ組(1歳児)の部屋に、木製の仕切りを購入しました。職員と試行錯誤をしながら環境改善に努めています。集団の中で子どもたちひとりひとりが落ち着いて集中して遊ぶのは、意外に難しいものなのです。その方法の一つに「コーナー保育」というものがあります。やり方は様々ですが、遊びではブロックのコーナー、ままごとのコーナーなど種類ごとに分けたり、生活では、食事のコーナー、着替えのコーナー、寝るコーナーと区切りごとに分けるやり方もあります。ブロックを高く積んだりして遊んでいるときに横にお皿やお人形があったら、せっかく良い物ができあがりそうなのに、集中できずに ままごとをしたくなってしまいます。(そんなことはないお子さんもいますが)?わかりやすく言うと、食事中にテレビが付いていたらご飯を食べるのが遅くなったり行儀が悪くなったりします。おなじことです。早い段階で、一つのことに集中して取り組める環境を保障してあげることで、技術力や表現力などの大切な成長につなげられるのです。一つ一つ、丁寧に集中してやることは、私たち大人にとっても大事なことですよね。その習慣を身につけることも子どもたちの成長の一つと考えて、今取り組んでいます。