給食だより H28.11月分

そろそろ寒い冬がやってきます。風邪やインフルエンザが流行る時期に入ります。普段から十分な栄養、休息をとり、風邪に負けない元気な体作りを心掛けましょう!

もし、風邪をひいてしまったら…体の温まる食事を!!
特に、かぜのひきはじめには効果抜群!煮込み料理やスープが最適です。片栗粉でとろみをつけると寒い冬でも冷めにくく、ゆっくりと食べることができます。
?かぶ、だいこん、にんじんなどの根菜を食べましょう。
野菜に含まれるビタミンCやビタミンEは、冷え性に効果があると言われています。ビタミンEは血行を良くする働きと、体内のホルモン分泌を調整する働きがあります。また、ビタミンCには血液の主要な材料となる鉄分の吸収を促進、毛細血管の機能を保持する働きがあります。
?しょうがも効果があります。
しょうがには辛み成分のシンゲロンやショウガオールには発汗を促す作用があり、冷え性だけでなく、風邪の初期症状の緩和にも効果があるといわれています。(刺激物なので、使用する場合は少量にしましょう。)