給食だより 2019年2月

寒さが一段と増してきて、雪の便りも聞かれる2月です。2月は節分がありますが、節分には季節を別けるという意味があります。季節の変わり目には体調を崩しやすいので、気をつけるという意味もあります。毎日の食事では栄養のあるものを食べて寒さを乗り切りましょう。

2月の旬の食材といえば、小松菜やキャベツといった葉物野菜やかぶ、大根といった根菜などがあります。旬とはそれぞれに一番おいしく、栄養価が高くなる時期のことをいいます。旬の時期に食べるからこそ本来のおいしさが味わえて四季の違いを楽しめるため、意識して献立に取り入れてみるのもいいでしょう。

チョコレートの話

2月14日はバレンタインデーですね。お菓子作りでチョコを使ったりするのではないでしょうか。チョコレートの成分は『カカオ』です。カカオにはポリフェノールやリラックス効果の高い栄養素がたくさん入っています。ちょっと疲れたときに食べるのにおすすめです。しかし、脂肪や糖分が多いので、食事に影響が出て食欲減退につながりやすくなります。子どもに与えるときは量を決めるようにしましょう。