給食だよりH31年1月

今年もおだやかな初春を迎えられました。園内には、子どもたちの元気いっぱいの声が響いています。寒さも本番となり、今月は感染症がはやりやすくなってきます。手洗いやうがいをしっかりして、食事をおいしく食べて、元気な身体を作っていきましょう。

まずは体をあたためる料理で体温を上げることが大切です。また、免疫力アップには緑黄色野菜や果物が、体力をつけるには納豆、味噌、ヨーグルトなどが効果的といわれています。これらをじょうずに献立に取り入れ、病気に負けない体を作っていきたいですね!

食べやすいメニューで食べる意欲を育てていきましょう

自我が芽生えてくるので、自分で食べたい気持ちが強くなります。思わず食べたくなるメニュー、前歯でかじり取れる硬さなどを意識して、「自分で食べたい」気持ちを育てましょう。幼児が食べやすいメニューのほか、食材の切り方、調理法の工夫が大切になります。

丸飲みしていないか、一口量が多すぎないかなど、食べる様子を見ながら、子どもに合った形や硬さを考慮し、食べやすくなるよう工夫しましょう