ほけんだより 2019年1月

新年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。今年も元気に過ごすために、食事、運動、睡眠のバランスを大切にしていきましょう。皆様が心身ともに健康な年になると良いですね。

室温管理・換気をしましょう

部屋の中を温め過ぎると、空気が乾燥し、具合の悪くなる子が出てきます。設定温度は18~20℃を目安に、なるべく足元を中心に温め、上半身は温め過ぎないようにしましょう。また、1時間に1回は窓を開けて空気の入れ替えを行い、加湿器などで部屋の湿度を保ちましょう。加湿器がなくても、室内に洗濯物を干したり、コップ一杯の水を暖房器具の近くに置いたりすることで、部屋が乾燥しにくくなります。

★冬のあせも

あせもやとびひと言えば、夏場のイメージが強いですが、最近は暖房や厚着が原因で、冬場でもなる子どもが多いようです。子どもは代謝がよく、たくさん汗をかくので、服装は大人より一枚少なめが基本です。乳児は特におむつの中がむれやすくなるので、時々背中に触れて、汗をかいていないかどうか確認をしましょう。

子どもにスマホを渡し、アプリで遊ばせたり、動画を見せたりする保護者が増えているようです。乳幼児期は脳や体が発達する大切な時期、心身の発達への影響が心配されます。近くで画面を見ることが多いため、視力の発達が遅れる弱視の心配もあります。

スマホだけでなく、テレビなど画面の長時間視聴は、言語知能などをつかさどる脳の前頭極に悪影響を与えるという報告もあります。

また、親がスマホに気を取られ、子どもの安全に配慮出来ず、事故や怪我につながる危険もあります。

子どもに勝手に使わせたり、スマホに子守りをさせたりはやめましょう。