2019年 6月ほけんだより

- Category - おたより

梅雨の季節になりました。湿度・温度共に高くなり、また天気が変わりやすいこの時期は、もっとも体調を崩しやすい時期でもあります。過ごしやすい環境作りに配慮し、毎日の子どもの様子の変化に気を配っていきましょう。

 

6月4日は虫歯予防デー!

「感染の窓」って知っていますか?

赤ちゃんはミュータンス菌を生れ持っていないにもかかわらず、何故虫歯になるのでしょう?

感染源の1つは、一緒に生活する家族の唾液と言われています。

特に1歳7カ月~2歳半くらいの最も感染しやすい時期を「感染の窓」と呼んでいます。この頃は奥歯も増えるのに加え、大人と似通ったものを食べ始めるので、虫歯になりやすくなってしまいます。

私達が気をつけられることは

・大人が使ったスプーンを使わない

・噛み与えをしない

・フーフー冷ましをなるべくしない

・食後は歯磨きをする習慣をつける

などなど・・・

子どもが健康な歯を保てるように注意していきましょう!

アデノウイルスとは・・・?

アデノウイルスというと、プール熱やはやり目といったイメージがありますが、必ずしもイコールではありません。

ただの風邪という診断名であったとしても、原因はアデノウイルスであるということもあるのです。こどもの風邪の約10%はアデノウイルスによるものだという説もあるくらいです。

ただし、アデノウイルスによる発熱は4~5日続く事もあり、かつ肺炎・胃腸炎・膀胱炎・発疹などになることもあります。

はやり目・プール熱でなければ意見書などは不要ですが、ウイルス性の風邪であることに変わりはないので重症化しないよう注意していきましょう。