ほけんだより 2020年8月

ジメジメとした梅雨が明けて、いよいよ夏らしく気温が高くなってきました。この時期は暑さで体調を崩したり、屋外だけでなく屋内でも熱中症になりやすいので、上手に空調を使い、こまめに水分補給をして体調管理していきましょう。

 

《熱中症を予防するために》

子どもは身長が低く、ベビーカーの利用などで大人より地面に近い環境で過ごすことが多いため、地面からの照り返しの影響を受けやすく危険です。衣類の調節や日光を遮る帽子などを身につけたり、遊ぶ際にも、日なたではなく日陰を選びましょう。

子どもは活動が多いので、汗や尿などで水分が外に出やすく脱水を起こしやすいと言われています。
屋外に出かける際は、こまめに水分を補給しましょう。水だけではかえって脱水を進行させてしまう可能性がある為、塩分補給も併せて行うと効果的です。

冷房が効いている室内で過ごした後に、屋外で長時間活動すると気温変動に身体がついていかず、熱中症や体調を崩す原因となります。室内も定期的に換気し、室内でも熱中症にならないよう注意しましょう。