ほけんだより 2020年7月

本格的な夏が少しずつ、近づいてきました。梅雨明け直後は特に熱中症に注意しなければなりません。
登園時にマスクを着用している場合は、マスクにこもった熱気で熱中症になりやすくなっています。
こまめな水分補給や体調管理に気を付けていきましょう。

《アデノウィルス感染症》

毎年数名アデノウィルスによる胃腸炎や咽頭結膜熱(プール熱)といった感染症が出ているので
潜伏期間、症状、登園の目安を含めてお知らせします。
この時期に保育園で流行しやすいアデノウィルス感染症としては、咽頭結膜炎やウィルス性胃腸炎などです。

★咽頭結膜炎

潜伏期間 →約一週間程度
主症状  →咽頭の腫れ、結膜炎、発熱など
登園の目安→発熱や充血症状が消え、2日経過後。(登園の際には医師による意見書が必要となります。)

★ウィルス性胃腸炎

潜伏期間 →5~7日間程度
主症状  →下痢、嘔吐、発熱、食欲低下など
登園の目安→24時間嘔吐、下痢などの症状が治まっており、普段通りの食事が摂れること。
(登園の際には、原因がアデノウィルス性であれば、医師の意見書が必要、それ以外の場合は登園届が必要になります。)