ゆらりんだより 2019年12月

『師走』普段落ち着いている教師までも走るくらい忙しいからと言いますが、年が馳せるで「しはす」とも言うそうです。どちらにしても、気持ちが焦る時期となりますので、12月にはいると周りも忙がしく動いていますので、出かけるときには十分に気をつけましょうね。

寒くなったこの季節、人肌が温かく、子どもたちの「抱っこして」の声もいつもより多くなったような気がし、思わずぎゅーっとしてしまいます。人の温もりを知っている人が、人への思いやりや優しさを身に付けると言いますが、本当にその通りだと思います。忙しい日々かとは思いますが、冬の長夜にお父さん、お母さんの幼い頃の冬の話しなどしながら、どんなところが違うのか話してみてはいかがでしょうか。私も青森での雪の話をしてあげたいと思います。