給食だより 2019年9月

暑かった夏から少しずつ秋の訪れを感じられるようになりました。ですが、天気が変わりやすく暑かったり寒かったりと、気温の変化が大きいので体調を崩さないように気を付けましょう。

先月はすいか割りにそうめんパーティがありました。大きなスイカを目の前に子どもたちは大喜びでした!そうめんパーティでは、ぶどう組が栽培したきゅうりを使いました。自分たちが育てた野菜が、給食で出てくることが本当に嬉しかったようで、笑顔いっぱいでした。

さて、今月はお月見団子作りがあります。お団子を作るクラスでは粘土でお団子を作る練習などをしています。

当日は、どんなお団子が完成するか楽しみにしていてくださいね♪

 

たくさん収穫しました!

食育でこの夏「ピーマン・きゅうり・枝豆・パプリカ」を栽培しました。

どれも本当に立派に育ち、特にきゅうりはたくさん収穫しました。収穫して給食室へ届けることが毎日の日課になっていました♪そして、どれも美味しく育ちました!

子どもたちは栽培を通して、自分たちで育てる楽しさや成長する喜びを知ることができたようです。

なかには、日照不足などから枯れてしまうものもありましたが、育てる難しさやお世話をする大切さを学ぶことができたので、それも大切な経験ですね★

 

秋も食中毒に注意!

夏は気温が高いため、食中毒を意識する方も多いと思いますが、実は秋も油断すると危険です。特に魚介類は真夏より秋の方が菌は繁殖しやすくなります。予防の基本は、こまめな手洗いです。衛生面に十分注意しましょう。