保健だより H30年7月

日に日に日ざしが強くなり、心弾む夏がやってきました。

天気がよければ、毎日プール!の子どもたち。元気そうに見えても、体は意外と疲れています。おうちではゆっくりと過ごし休養をとるようにしましょう。

 

夏に気をつけたい感染症。代表的な3つについて、主な症状を挙げてみました。気になる症状が見られたら、感染力が強いので必ず受診をして医師の診断をうけましょう。

●ヘルパンギーナ
突然の高熱とのどの痛み。特にのどは、水ほうや潰瘍ができるため、かなり痛む(乳児はミルクが飲めないほど)。症状が軽ければ1~4日くらいで解熱します。

●プール熱
(咽頭結膜熱)(流行性角結膜炎)
高熱とのどの痛みのほか、目の痛み・かゆみ・充血など、結膜炎のような症状がでる。

●手足口病
手のひらや足の裏、口の中に小さな発しんや水ほうができ、熱が出ることも。食事はのど越しの良いものをたべましょう