ほけんだより H30年10月

昼間は汗ばむ日もありますが、朝夕はグッと冷え込むようになりました。お布団も洋服も衣替えの季節です。園でもかぜや発熱の子どもが多くなってきました。この時期はかぜを引きやすいので、体が冷えてしまわないようにきちんと下着を着て、上着などで体温調節をしましょう。

10月10日は目の愛護デー

子どもの目は毎日発達していて、両目の視力機能は6歳頃にほぼ完成すると言われています。その後に視力が低下するのは、幼い頃の姿勢や体の動かし方が関係しているそうです。自然の中で十分に遊ばせ、外の景色をたくさん見せることで子どもの視力を育てていきましょう。

こんな見方は危険信号!

・テレビや絵本に近付いて見る
・明るい戸外でまぶしがる
・目を細めて見る
・上目遣いに物を見る
・目つきが悪い、目が寄っている
・見る時に首を曲げたり、頭を傾けたりする

このような症状が見られると斜視や弱視の可能性が考えられます。子どもは視力が悪いことを自覚できないため、上記のような症状がないか普段から気にかけて見るようにしましょう。

秋かぜに注意!

秋は気温差が激しいため、かぜを引きやすくなります。ご家庭では背中を触るなどして確認し、汗をかいているようなら衣服を取り替えてあげましょう。また、手洗い・うがいをこまめに行う習慣を付け、規則正しい生活でウイルスを寄せ付けないようにしましょう。乳児は一緒に手洗いしたりお茶を飲んだりして口の中を流しましょう。

身体をたくさん動かそう!

0~6歳までは運動に対して敏感な時期です。この時期にたくさん身体を動かし、鍛えて体力をつけましょう。
体を動かすことで瞬発力・持久力・バランス力を養いましょう。体を動かすことによって心肺機能も高まります。過ごしやすい季節になったので、ご家庭でも外で遊ぶ機会を増やしてみましょう。