給食だより 平成30年8月

<水分補給で熱中症予防>

1日に必要な水分量は、子どもほど多く、

体重1kg当たり乳児で150ml、幼児で100mlと言われています。

体重20kgなら1日2?の水分が必要となります。

適切な水分補給は熱中症予防になるので、

家庭で沸かしたお茶や水を意識してとるように心がけましょう。

 

<熱中症予防におすすめの食べ物や飲み物>

☆スポーツ飲料☆

→水分だけでなく塩分・ミネラルが豊富で、適度な糖度があり、

腸から水分が吸収されるスピードも速いので、効率よく対策ができます。

☆麦茶☆

→ミネラルが豊富で、ノンカフェインのお茶ですので

スポーツドリンクより抵抗なく飲ませやすいかと思います。

☆スイカ☆

→スイカは水分が多く、ミネラルも豊富です。

微量の塩をかけて食べればスポーツドリンクと同じような効果があります。

☆梅干し☆

→梅干しには発汗で失う塩分やミネラルが豊富に含まれており、

これらを効率よく補うことができます。

クエン酸も含まれているので、疲労回復にも効果的です。

☆レモン☆

→レモンは、ビタミンやクエン酸が豊富に含まれており、

梅干しと同じように疲労回復に有効で、

熱中症予防にもつながります。

ただ、塩分などはほとんど含まれていないので、

塩レモンにし、水分補給も兼ねてレモン水などにして飲むことをオススメします。