給食だより 2019年6月

虫歯にならないような食生活とは

歯みがきの大切さ
・食事の後は、食べ物のカスが歯につきます。
そのままにしておくと口の中の温度と水分によって化学反応をおこし、虫歯の原因になります。

栄養バランス
・糖分の摂りすぎは、虫歯の原因の一つです。
間食と合わせて規則正しく食べる習慣と、カルシウムやビタミンA,Dなどの骨や歯を作る栄養素を十分に摂れる食事を心がけましょう。

噛んで食べる
・軟らかいものばかり食べていると、アゴの発達が悪くなったり、歯肉炎や歯並びが悪くなる原因になります。
よく噛むことを習慣化しましょう。