ほけんだより 2019年6月

耳・鼻の働き

耳には「音を聞く」「音の方向を知る」
「体のバランスをとる」という、働きがあります。
かけっこが出来たり、片足で立てたりするのも耳の働きのおかげです。
鼻には「匂いをかぐ」「くしゃみで埃やウイルスの侵入を防ぐ」「吸い込んだ空気を暖め(加温)、湿度を加える(加湿)」という働きがあります。

~こんな症状は要注意!~
・耳をよく触る、痛がる
・微熱が続き、機嫌が悪い
・長引く鼻水・鼻閉・黄色い鼻水

目の働き

目には、「物の大きさを判別」「色と明るさを感じる」「遠近を判別」という、働きがあります。
大切な役割をしている目はたくさんの物に守られています。
・まゆげ 片方で約650本あり、汗から目を守っています。
・まぶた 厚さは約0.1㎜、瞬きで乾燥から目を守ります。
・まつげ 上は約200本、下は約100本、目にゴミや埃が入るのを防ぎます。

~こんな症状は要注意!~
・充血、めやに、痒みがある
・まぶたに腫れがある