給食だより 2019年1月

春の七草

七草がゆは、さまざまな説がありますが、お正月にごちそう三昧だった胃腸をいたわり、不足した緑黄色野菜を補う、という意味があります。
本来は、朝ごはんに七草がゆを食べるとされています。
七草がゆに入れる春の七草とは、「せり」「なずな」「ごぎょう」「はこべら」「ほとけのざ」「すずな」「すずしろ」です。
園の給食でも1月7日(月)のおやつに、子どもたちが食べやすいよう雑炊として提供する予定です。