給食だより H30年10月

食欲の秋がやってきました。おいしい食べ物がたくさんあふれる季節でもあります。幼いの時からたくさんの食材を味わい知り、自然の恵みに感謝することで、豊かな感性や味覚形成にとても役立ちます。保育園の給食でも旬の食材をたくさん取り入れて参ります。

目に良い食べ物は?

10月10日は目の愛護デー。目の健康のために良い食べ物を食事にとり入れて、目を大切に! 目に良いビタミンのほか、魚に含まれるDHAやブルーベリーのアントシアニンも目の健康に効果的です。

・ビタミンA 目の乾燥を防ぎ、働きを良くする(緑黄色野菜・レバー・バター)

・ビタミンB1 目の神経の働きを正常にする(レバー・豚肉・ウナギ・麦)

・ビタミンC 目の充血を防ぐ(緑黄色野菜・果物・サツマイモ)

ハロウィンって何?

10月31日のハロウィンはヨーロッパを起源とするお祭りで、秋の収穫を祝い悪霊を追い出すといわれています。ハロウィンに必ず登場するカボチャのちょうちんは、もともとカブをくり抜いたちょうちんだったものがアメリカでカボチャになったそうで。最近では日本でもパーティーなどが行われるようになりました。カボチャは甘味もあり、ビタミンAを豊富に含みます。カボチャをパイにしたり、プリンなどのおやつを作ったりすると、ハロウィンがいっそう盛り上がるでしょう。