12月給食だより

冬野菜をたべよう!

冬野菜は寒い冬の時季に旬を迎える野菜のことです。主に体を温める特徴があります。

今回はあったかい鍋料理にもぴったりの、今が旬の冬野菜のはたらきについて紹介したいと思います。

白菜

白菜の食物繊維はやわらかく、消化に良いです。

ビタミンCが多く含まれているので、風邪の予防におすすめです。鍋やスープに入れると栄養を逃さず摂取できます。

大根

冬の寒さにより、ぐんと甘みが増す野菜。

葉の部分にはカルシウムがたくさん。根の部分には食物繊維、ビタミンCが豊富です。ぬか漬けにするとビタミンB₁が増加します。

ねぎ

白い部分には辛味成分である「アリシン」が含まれ、疲労回復にはたらくビタミンB₁の吸収を助ける作用を持ちます。

緑色の部分は強い抗酸化作用のあるビタミンC、カロテンが豊富で、血行をよくする作用もあり、風邪の引き始めにおすすめ食材です。

ほうれん草

夏に出回るほうれん草に比べて、旬の冬のほうれん草はビタミンCが約3倍近く多く含まれています。

また、カルシウムも豊富で、貧血予防効果のある鉄分や抗酸化作用のカロテンなど栄養価が高い食材です。