11月給食だより

風邪に負けない身体をつくろう

急な寒さや疲れなどにより、免疫力が低下したり、夏に比べて水分摂取が少なくなるため、のどや気管支の粘膜が乾燥し風邪を引きやすくなってしまいます。そこで風邪の予防に効果のある栄養素を紹介します。

ビタミンA

のどや鼻などの粘膜を丈夫にしウイルスの侵入を防ぐはたらきをします。

ほうれん草、小松菜、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜

*脂溶性なので、油と一緒に加熱して調理すると吸収がよくなります

ビタミンC

免疫力を高め、ウイルスをやっつけます。寒さなどのストレスから体を守ります。

ブロッコリー、青菜、白菜、ピーマン、オレンジ、いちご、キウイなど

*水溶性のため、生のまま食べたり、スープなどにすると栄養を逃がさないのでおすすめです。

たんぱく質

免疫力を保つはたらきをします。また、体を温める効果があります。

お肉、お魚、卵、大豆、大豆製品