10月給食だより

旬の食材には、旨みはもちろんのこと、旬ではない時期よりも栄養価も高く、その時期に必要な栄養素が豊富に含まれています。
例えば、さつま芋には食物繊維が豊富で、ビタミンB1CE、カリウムも含まれて栄養バランスにすぐれています。
特にビタミンCはさつま芋1本でりんごの5倍以上あります。
さつま芋のビタミンCは他の野菜に比べて熱に強いのも特徴の1つです。電子レンジを利用すれば調理時間の短縮もできます。
皮もとっても栄養豊富なので一緒に食べられると良いですね。
旬の時期には質の高い物の流通が増えるので香りも味も濃く、栄養たっぷりな野菜や果物、魚などを食卓に並べ、食べることでも四季を楽しんで下さい!

健康の味方 食物繊維

秋から旬を迎える野菜には食物繊維が豊富に含まれています。
日本人には不足しがちな食物繊維。体の中を掃除してくれるので、便秘解消、血糖の上昇も抑えてくれたりと健康の味方です。
不足すると便秘になりやすい、動脈硬化になりやすい、高血圧、糖尿病、高脂血症になりやすくなります。
食物繊維は生活習慣病の予防に役立つことから「第6の栄養素」とも呼ばれる程重要視されています。
血糖の上昇を抑えたり、体内の不要な物や有害な物を吸着して体外に排出したり、腸の運動を促進してスムーズな排便を促す、満腹感を得やすい、腸内の善玉菌を増やし腸内環境をよくするなど、体に与える影響はたくさんあります。
野菜やきのこ、果物、海藻に多く含まれているので積極的に献立に取り入れてみましょう。