8月給食だより

夏バテ対策について

厳しい暑さの夏を乗り切り、つらい夏バテにならないための対策をご紹介していきます。
1、こまめな水分補給→高温多湿な環境で過ごすと、大量の汗をかいてしまいます。その際に、単純に水分だけ補給していても
脱水症状を起こしてしまう事もあります。それは、大量にかいた汗の中に塩分も含まれているからです。
そのため水分補給をする際には、水分と塩分、そして吸収を良くするために糖分も含まれた飲み物を飲むと効果的です。
また早めに、こまめに、水分補給をすることも重要です。
実は、喉が渇いたな、と感じる時にはすでに脱水が始まっている状態なので、喉が渇いたから飲むのではなく外出中は
特にこまめに水分を取り、屋内にいたとしても意識的に水分補給をすることをおすすめします。

2、質の高い睡眠をとる→熱帯夜が続くと眠りが途中で中断されてしまったりして、睡眠の質が下がってしまいます。
またそのような状態が続いてしまうと、日中の疲れも取れずらくなってしまい、熱中症になりやすくなってしまいます。
エアコンや扇風機を一晩中つけてしまうと、必要以上に体が冷えてしまうこともあるので、タイマーをセットして
体に負担がかからないように工夫することも大切です。

3、栄養バランスの整った食事をとる→あまりにも暑いと食欲が落ちてしまったり、熱い火のそばで調理することが
億劫になってしまったりして、食事も簡単に済ませたり、ということがあるかもしれません。
時々であれば問題の無い場合もありますが、連日続いてしまうと体調の維持に必要な栄養まで不足してしまいます。
栄養不足は熱中症の大きな原因にもなるので、食欲がなくてどうしても食べられないという場合は、
量ではなく質の良い食事を少量でもとることが重要です。

★この3つのポイントをふまえて、熱中症にならないように気を付けていきましょう!★