7月給食だより

夏野菜って?

そもそも食材には、最も栄養価が高くなり、美味しくなる‘旬’があります。

また、旬の食材を食べることで、その時期に起こりやすい体の不調を解消する作用が期待できます。

そして暑い夏の時期に旬を迎える野菜を総称して‘夏野菜’と呼びます。

特徴としては、色がハッキリとして濃い物が多いです。夏野菜には、どんな種類がある?その効能は?

夏野菜と言っても様々な種類があるので、代表的な、トマト、ナス、キュウリ、トウモロコシ、ピーマンの5つに絞ってご紹介します。

トマト→ビタミンAとCを豊富に含んでおり、紫外線対策に必要な抗酸化作用を持つクエン酸も含み、食欲増進効果も期待できます。

ナス→ナスに含まれるアントシア二ン系のポリフェノールには目の疲れに効果があります。また体の熱を逃がしてくれるカリウムも豊富に含まれており、夏バテ防止にも効果的です。

キュウリ→最も栄養がない野菜と紹介されてしまうこともあるキュウリですが、その理由は水分が95パーセント以上を占めているからです。ナスと同様にカリウムが豊富に含まれており、高い利尿作用により、むくみの解消にも役立ちます。

トウモロコシ→夏野菜というカテゴリーに入っていますが、穀物の一種です。エネルギーの一種である炭水化物が主成分となっており、疲労回復に効果的です。

ピーマン→トマトの4倍ものビタミンCが含まれており、ビタミンAはトマトと同じくらい含まれています。

これらの栄養は、夏の暑さでバテてしまった体を回復させる効果があります。

 

★このように夏野菜煮は様々な栄養が豊富に含まれており、どれも夏バテに効いたりや体の熱を逃がしてくれる効果を持ちます。

暑いからと言ってアイスなどの冷たいものばかり食べるのではなく、夏野菜の効果を上手く利用して猛暑を乗り切っていきましょう!!