5月給食だより

子どもの日(端午の節句)とは

子どもの日は、端午の節句ともいい、昔は5月が役払いを行う月とされています。

その厄除けに効果のあるとされている「菖蒲」と、武道や武勇を重んじることを意味する「尚武」を合わせて、

男の子が無事に成長するようにと、盛大にお祝いされてきました。

?

端午の節句の食について

端午の節句に食べるものの代表として、「柏餅」と「ちまき」、「ブリ」、「カツオ」、「たけのこ」があります。

※柏餅は主に関東で、ちまきは関西で食べられています。

★端午の節句に食べるものとその由来についてご説明します。★

柏餅:柏の葉が新芽が出るまで葉が落ちず、子孫繁栄の意味を持つとされています。

ちまき:現在食べられているちまきを包む葉は、笹を使用していますが、昔は茅の葉で包んで蒸されていました。

この茅の葉は繁殖力が強く、邪気を払う力も持つとされていたので、端午の節句に食べるようになったとされています。

ブリ:ブリは出世魚で、ワカナゴ→ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと成長と共に名が変わって行く事が、武士の時代には出世と共に

名が変わって行く事にかかっており、縁起物とされています。

カツオ:「勝男」と書くこともあったようで、勝負事に勝つという意味を持つとされ、男の子の日とも呼ばれる端午の節句に

食べられるようになりました。

★鯉のぼりや、兜を飾ったりすることもですが、それぞれ意味を持った食材を使った食べ物を食べることで、それらの持つ食材の力に

あやかって、子ども達が健やかに育つよう願ってきた行事です。