1月給食だより

1月7日に七草粥を食べよう!

お正月をすぎると七草セットといって七草粥に必要な七草が全てセットになっているものを目にする事があるかと思いますが、みなさん作って召しあがった事はありますか?

そもそもなぜ七草粥を食べるのでしょうか? その由来は日本に昔からある若菜摘みといわれる年の初めに、厳しい冬を越えて雪の間から芽を出した野草を摘む行事から来ています。

この若菜摘みで摘み取られた野草を食べる事で、その野草の生命力をもらったり、邪気を払う事が出来ると考えられてきました。

またお正月にたくさん美味しいものを食べて疲れた胃を休めて、冬場に不足しがちな栄養素も摂取出来ます。

?七草の種類と由来

七草粥はその名の通り7つの野草を使います。それぞれに意味があるので紹介していきます。

1,芹(セリ):芹は競り合うように生える事から「競り勝つ」という意味で縁起物でもあり、特有の風味で食欲を増進し整腸作用や血液をサラサラにする効能も持っています。

2,薺(ナズナ):「なでて汚れを払う」、とても縁起がよいものとされていて、解熱作用、便秘解消、利尿作用があり昔から民間療法で薬として扱われてきた食材です。

3,御形(ゴギョウ):特徴的な形をしていて「仏の体」を表す縁起物で、咳止め、痰切り、喉の炎症の鎮静に効果的です。

4,繁縷(ハコベラ):ハコは「綿布」を表しベラは古い言葉で「群がる」ことを意味し、茎に葉が群がるようにつくので「繁栄がはびこる」という意味を持ち、利尿、鎮痛、止血作用、歯槽膿漏予防と様々な効能があります。

5,仏の座(ホトケノザ):地面に広がって生える様子が仏が座っているように見える縁起物で、高血圧予防や整腸作用があります。

6,鈴菜(スズナ) 「神を呼ぶ鈴」という意味を持ちます。またカブの別名で便秘や胃炎に効果的です。

7,晴白(スズシロ)「汚れのない純白さ」を表し、大根の別名でもあり消化不良や鎮痛作用、便秘解消にも効果的です。

☆7つの食材それぞれに意味や効能があり体に良い食材ばかりですが、中には子どもたちにはクセが強く食べづらいものもあるので全て使うことが難しい場合は食べやすいほうれん草などの青菜にして作ってみてください!