給食だより H30年12月

積もる木の葉や冷たい風に、本格的な冬の訪れを感じられるころとなりました。今年も残りひと月。クリスマスに年末年始とイベント事も多く、なにかと忙しなくなりますので、体調管理やインフルエンザにも気を付けたいですね。冬に美味しいネギ・かぼちゃ・ごぼう・にんじん・れんこん・りんご・生姜などは身体を温めてくれます。是非お料理に取り入れて、元気に新年を迎えましょう。

12月の食育活動予定

・りす組…季節の食材にふれよう。

・きりん・くま組…合同調理で使った片栗粉をじゃがいもから取り出してみよう。その片栗粉でくずもち作りも。

・ぱんだ組…自分達で育てたお米を食べてみよう。

冬至(とうじ)ってなぁに?

冬至とは、昼の時間が一番短く、夜の時間が一番長い日のことです。
今年はゆらりんのクリスマス会がある12月22日(土)が冬至の日。
ぽかぽか太陽が出ている時間が短いと、とても寒くなります。冬至は、そんな寒い日を元気に過ごすために昔の人の知恵から生まれた風習です。

冬至の日にはどんなことをするの?

かぼちゃを食べる

昔、野菜が収穫できない冬に、貴重なビタミン源となるかぼちゃを食べて風邪予防をしていたそうです。免疫力を高めてくれるビタミンAもたっぷり。かぼちゃなどの緑黄色野菜を食べることで、風邪を引きにくい体にしてくれます。

ゆず湯に入る

ゆずの木は寿命が長く病気にもなりにくいそうです。そのため、ゆず湯に入ると1年間風邪を引かないといわれています。ゆずには体を温める働きがあります。また、さわやかな香りでリラックス効果もあります。

◆かんたん人気おやつレシピ 『ぱりぱりピザ』

〈材料〉すべて適量

・餃子の皮
・ケチャップ
・たまねぎ・コーン
・ベーコン
・ピザチーズ

〈作り方〉
餃子の皮にケチャップを適量ぬり、たまねぎ・コーン・ベーコンなどお好みの材をのせ、ピザチーズをちらし、トースターで餃子の皮のふちがきつね色になるまで焼いたら出来上がり!