給食だより H30年11月

秋も深まり、給食では柿・りんご・みかんなど旬を迎える果物が登場します。子どもたちにおいしい果物の味わってもらえる絶好のチャンスです。ビタミン豊富な果物を上手にとり入れて風邪予防もいっしょに行いましょう。

秋鮭の旬!11月11日は「鮭の日」

魚辺に「十一」・「十一」と書くことから、鮭の日となりました。
ちょうど秋鮭の旬の時期にもあたり、「おいしい鮭をみんなで食べよう!」ということで制定されました。鮭には良質なたんぱく質を豊富にふくむことはもちろん、脳の構成成分として成長期の脳に重要なDHAやEPA、また、カリウムやリンなどのミネラルも豊富です。健康と若々しさを保つのによいといわれる栄養分がたくさん含まれています。

鮭を使ったレシピ紹介♪

鮭のもみじ焼き

材料
鮭切り身、食塩、人参、マヨネーズ

作り方 

①鮭に塩で下味をつけておく

②人参をすりおろし、マヨネーズと混ぜる。

③鮭の上に②をのせ、オーブンやグリルで表面に焼き色がつくまで焼く。

 

合同調理保育ではきりん組~ぱんだ組がみんなで協力して給食を作ります。

きりん組:食材をスプーンで切る、副菜のドレッシング作り、副菜の盛りつけを行います。

くま組・ぱんだ組:食材を包丁で切る、ピ―ラ―で野菜の皮をむく、ホットプレートで炒める作業を行います。

今回の合同調理保育では毎月の食育で学んだ鶏ガラだしや乾物を使用し、中華料理を作ります。また、片栗粉でとろみをつける作業をし、料理の変化を楽しみます。さらに自分たちで盛り付け、配膳もします。
作る大変さや楽しさを感じて、自分達で作った給食を食べて食に触れていけるような合同調理保育を行います。