ほけんだより6月

あじさいがきれいに咲く季節になりました。この時期は天候が変わりやすく体調を崩しがちです。気温に合わせた衣服の調整をすると共に、バランスの良い食事や睡眠をしっかり取り元気に過ごしていきましょう。また、雨の日も多くなりますので、外出の際は足もとに注意しましょう。

☆気になる虫刺され☆

気温があがってくると心配な虫刺され。乳幼児では大人より反応が遅く、1~2日後に腫れたり水ぶくれになることもあります。

◎外出前に虫よけ剤を使ったり、自然の多い所に外出の際は薄手の丈の長いズボンを着るなどで予防していきましょう。

 虫に刺されたらどうする?

・蚊などに刺されたらすぐ流水で洗い流します。

・かゆみが強い時は冷やしたり、かゆみ止めをぬると症状を軽くおさえることができます。症状が強い場合は皮膚科で相談すると良いでしょう。

◎特に注意する虫(毒がある)

・ハチ・ムカデ:刺されるとすぐ強い痛みがあります。腫れが強い場合は受診しましょう。以前も同じ虫に刺されたことがあり、『気分が悪い・息苦しい』などの場合はアナフィキラシーショックの可能性があるので、早急に受診しましょう。

お願い

かゆみ止めパッチなどを貼って登園される場合は、記名をして貼り付け部位と枚数をお知らせください。剥がれた際の誤飲防止にご協力お願いいたします。

6月4日は虫歯予防デー

虫歯予防には、よく噛むことと歯みがきが一番大切です。

☆なぜよく噛むと良いの?

唾液には口の中を洗い流し、虫歯を防ぐ役割があります。よく噛むことで唾液分泌を促します。

☆歯みがきを好きになるには?

歯が生え始めたら、歯みがきの姿勢でスキンシップしたり、ガーゼや歯ブラシで軽く触れて歯に触れられる事に慣れてから徐々に歯みがきを始めるとよいでしょう。

園では食後に麦茶を飲み、口の中を清潔にしています。