給食だより 2019年2月

2月3日は節分です。本来は、立春・立夏・立秋・立冬と四季それぞれの前日を節分と言いますが、現在では冬から春へ大きく季節が変わる立春の前日だけ「節分」の風習が受け継がれています。豆まきには諸説ありますが、豆には邪気を払う力があるとされ、「鬼は外、福は内!」と言って豆をまき、年の数だけその豆を食べます。

冬の寒さや病気、災難等の悪い鬼を払い、一年健康に暮らせるようにぜひご家庭でもお子さんと豆まきをして、沢山の福を取り入れて下さい!

大豆の栄養パワー

大豆は「畑の肉」と言われ、たんぱく質を多く含む点が他の豆と違い、植物性たんぱく質がたっぷりと摂れる食品です。
私たちの体に必要なたんぱく質や脂質をたくさん含んでおり、筋肉や皮膚、血液、内臓などを作る主成分となっています。その他には、食物繊維や鉄、ビタミンB群、リノール酸、レシチンなど、健康づくりに大切な要素が含まれています。
今では様々な食品や調味料に加工されて食べられて、特にしょうゆ・みそ・豆腐などは私たちに欠かせない食材になっています。
園の献立では、ポークビーンズや大豆を使ったサラダなどが人気です。

★ポークビーンズ★

大人2人・子ども2人分

<材料>
大豆水煮…1袋
豚肉薄切り…300g
玉ねぎ…大1個
人参…中1本
じゃが芋…2~3個
ホールトマト…1/2缶
水…1ℓ
ケチャップ…大さじ2
油・砂糖・塩・ブイヨン…少々

  1. 大豆の水煮の薄皮をあらかじめ剥いておき、野菜・肉は一口大に切っておく
  2. 鍋に油をひき、豚肉・人参・玉ねぎを炒める。肉に火が入り玉ねぎが透明になってきたら、じゃが芋を入れ中火で5分位炒める
  3. 2に水・ホールトマト・大豆・ケチャップ・砂糖を入れ弱火で野菜が柔らかくなるまで煮込む
  4. 上がり際に塩・ブイヨンで味を調えて出来上がり

※水分量を多くし、豚肉をベーコンに変更しミネストローネとしてもおすすめです!(ベーコン使用の際は量は100g程度)。塩分量は控え目にしましょう。