ほけんだより11月

11月になり、子どもたちの拾う葉っぱも赤や黄色に美しく色づいています。一日の寒暖差が激しく風邪をひきやすいこの時期は、本格的な冬へ向けて手洗い・うがいと規則正しい生活を習慣付けて、丈夫な体作りをしていきましょう。また徐々に空気が乾燥していく為、お肌の状態に合わせて普段のスキンケアを見直しましょう。

☆11月12日は いい皮膚の日☆

健康な肌をつくる基本は「清潔」と「保湿」です。みずみずしく見える0・1・2歳児の肌ですが、実は大人よりも表皮が薄く乾燥しやすいのです。また、皮脂の分泌量も少ないのでバリア機能も弱く、汚れや汗などで荒れたりかぶれたりすることもあります。

こまめに丁寧に日常的なケアでお肌を守りましょう!

「清潔」 

手や口まわりの汚れをふき取る時

強くこすらず優しく拭き取ります。

お風呂の時

38~40℃のぬる湯で。熱い湯だと肌の脂分が流れて乾燥してしまいます。

また、石鹸はよく泡立てて洗い、肌に残らないように良く流しましょう。

「保湿」

たっぷり 優しく

肌に合った保湿クリームなどを、数か所に付けて、こすらず優しくのばします。

 

*医療機関で処方された外用薬は、指示量や回数を守って使用して下さい。自己判断で増量・中止すると悪化する事もある為、必ず受診して相談しましょう。

手をきれいに洗おう!

手洗いで予防できる病気はたくさんあります。一緒に好きな歌を歌ったりしながらしっかり洗いましょう!

☆①手のひら ②手の甲 ③指の間    ④指先・爪 ⑤手首 ⑥洗い流す

☆石けんは、よく泡立てましょう。

泡タイプのものなら、子どもにも簡単で楽しく洗えます♪

乳幼児のうがいはどうするの?

口の中をきれいにするには、水分補給だけでも効果があります。まずは、口に水を含み「プッ」と吐き出すことから始め、除々にブクブクしてから出すようにしていきます。

2歳児位になるとブクブクうがいとガラガラうがいの使い分けができるようになってきます。園でも取り入れていますが、始めは大人がお手本を見せながら一緒に行っていきましょう!