保健だより 11月

朝晩がグッと寒くなり、冬の足音の近づきを感じます。この時期は寒暖の差で体調を崩しやすくなります。本格的な冬が来る前に、生活リズムや服装、食生活などを見直しましょう!また、冬に向けて心も体も元気に過ごせるよう、風邪対策はしっかりと行いましょう★

11月12日は皮膚の日

空気の乾くこの時期は肌がカサカサになったり、痒くなったりと乾燥肌が気になります。濡れたままの肌は乾燥しやすくなります。タオルでゴシゴシとこすらず、お風呂上りには保湿クリームを塗りましょう!
特に肘や膝の関節部位、首の付く部位、生え際は乾燥しやすいです。

おむつかぶれ

おむつが直接当たる部分が炎症を起こした状態のことをいい、湿気や汗、カビ、サイズの合わないおむつの摩擦による刺激など、複数の要素が重なって起こります。なかでも1番の原因は、乳児特有の水っぽい便や尿で、肌に長時間付着すると、かぶれた状態になります。こまめなおむつ替えをして清潔に保つのが一番の方法です。かぶれてしまったら、患部に強い刺激を与えず、汚れをぬるま湯などで優しく洗い流し、柔らかいタオルでふき取り、適切な軟膏を塗りましょう。石けんで洗うのは一日一回で大丈夫です☆

アトピー性皮膚炎

特定の食物や、ダニやほこりに反応して発症する皮膚炎です。乳児期はじゅくじゅくとした湿疹が顔面にできやすく、幼児期になると乾燥した関節部分が目立つようになります。

お家でのケア

原因物質にあった対策を行い、お風呂では石けんをよく泡立てて体を洗い、入浴後はすぐに保湿をするなどのスキンケアが改善の近道となります。

衣替え

衣替えの季節になりました。日中やお部屋の中は暖かいですが、お散歩はお外に出るので寒くなります。
この時期は薄手の長袖に肌着、お散歩の際はカーディガン、上着など暑さにも寒さにも対応できる着替えの他、汗もかくので肌着も着ておくと寒さにも暑さにも対応しやすいかと思います☆
子どもは一日におよそペットボトル1本分の汗をかくといわれてます。下着や靴下を着ることで、汗や皮膚からの汚れや脂を吸い取り、においも抑えてくれます。そのためこまめに着替え、清潔に過ごすことを心掛けましょう。