保健だより 1月

咳をしている時は…

咳は体質的なものや、治療が必要となるもの、気管に異物が詰まった時など、様々な原因があります。咳の種類や熱、嘔吐など他の症状も出ていないかをよく観察し、対応しましょう。

咳がひどい時は…

?蒸しタオルを顔の前に広げて、湯気を吸わせる。

?室温は20℃前後に、湿度は50~60%くらいにする。

?野菜スープや麦茶を少しずつ、回数を多く与える(刺激になるので柑橘系や冷たい物は避けましょう)。

?睡眠時、クッションなどを使って上半身を高くする。