給食だより H30年12月

寒さが厳しくなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。12月、クリスマスもお正月もすぐそこですね。寒い冬といえば、お鍋やシチューなど煮込み料理がおいしい季節ですが、皆さんはどんな食材を入れますか? かぶやれんこん等の根菜類は血行を良くしたり身体を温める作用があると言われています。薬味として使われるしょうがも少量で体が温まるようです。根菜シチューなど寒い冬にいかがですか?

冬の食中毒に注意しましょう!

~日頃から~

寒い時期は食材の腐敗が遅いので食中毒への注意がおろそかになりがちですが、冬はノロウイルスが原因の食中毒(感染性胃腸炎)が非常に増える季節です。ノロウイルスはウイルスが付着した手でさわった食べ物、牡蠣などの二枚貝を食べた場合や、飛沫感染などで感染します。感染予防のために、手洗いうがいを心がけましょう。

~お弁当では~

冬のお弁当は冷たく、硬く、はしが進まない場合があります。保温弁当箱を利用する場合、ごはんやスープは食中毒の原因菌が繁殖しづらい65度以上で入れ、おかずは充分に冷ましてから入れましょう。普通のお弁当箱にごはんを詰める場合、詰めた後にラップをかけると水分が逃げるのを防ぐため、冷めても硬くなりません。

★食育活動★ ~きのこと仲良くなろう~

・ひよこ組:きのこに触る
・りす組:きのこちぎり
・こあら組:野菜クイズ・きのこちぎり
・ぱんだ組:きのこを育てよう・きのこカット

ひよこ組では、「これは何?」と怪訝そうな顔をしている子もいれば、手元にきのこが来た途端に握りしめるこもいました。どんなにおい?と、問うと、くんくんと鼻の先に付けにおいをかぐポーズ!なんともかわいいひよこ組です。
りす組は、きのこの絵本を読むと不思議そうにしながらも、「きのこ、これもきのこ」とお話を聞いてくれました。きのこちぎりでは、真剣な表情でえのきを一本づつにわけ、きれいな一列に並べる姿もありました。一人ひとり反応が違って面白いですね!
こあら組は、やさいクイズからスタートです。みかんにしいたけ!みんな大正解でした。きのこちぎりも、真剣に丁寧にちぎってくれました。大きいしめじを更に半分にさけることを教えると、「やってみる!」と自分でもできて嬉しそうなこあら組でした。
ぱんだ組では、きのこの栽培時は、「くさーい。きのこのにおい―」と言いつつも毎日大きくなる椎茸の姿を見て、霧吹きの奪い合いをする程夢中に育ててくれました。みんながお世話してくれたおかげで立派に育ったしいたけ。きのこカットでは、「おうちでもお手伝いしているから」と話してくれるだけあって、小さく綺麗にカットしてくれました。

こんなに簡単でいいの?甘味噌が決め手の「スティック野菜」

こんなに簡単な一品ですが、甘味噌の味が良かったのか、お野菜のおかわりが多い日でした。好き嫌いが分かれると思いますが、カミカミの練習にいかがでしょうか?

<材料:3歳児の1人分>

・きゅうり・・・・15g
・にんじん・・・・15g
・だいこん・・・・15g
・みそ・・・・・・・2g
・さとう・・・・・・2g

<作り方>

1.野菜を持ちやすいスティック状に切ります。
☆生食でもOKですが、気になるようでしたら、熱湯にさっとくぐらせます。

2.みそとさとうを混ぜ合わせます。

3.お皿に盛ったら完成。甘味噌をつけて召し上がれ。

※とってもシンプルなので、メイン料理の添えにもなります。緑、オレンジ、白の三色がお皿を明るくしますよ。