H30.10月 ほけんだより

数字の10を横に倒すと眉と目の形に見えるということから、10月10日は『眼の愛護デー』です。

日中は明るいなかで過ごして夜は暗い部屋で眠るなど明暗の差をしっかりとつけたり、止まっているものや動いているものなど様々なものを見たりすることで、眼の機能への刺激になり“見る力”が養えるそうです。普段の生活で意識していきたいですね。

☆今月は、当園でも相談の多い子どもの便秘についてご紹介します。

便秘の大部分は、腸の動きが悪い・腸の水分の吸収が少ない・便の量が少ないなどが原因として考えられるようです。食材や運動などで便秘になる前に予防してあげたいですね。

便秘に効果的な食材は、効果ごとに下記のものが挙げられています。

◎便を軟らかくする食材…バナナ、人参、トマト、プルーン、オレンジなど

◎腸を整える働きの食材…ヨーグルト、りんご、納豆など

◎便の量を増やす食材…豆類、海苔、きのこ類、海藻類、コーンフレークなど

また便秘予防に効果のある運動は、普段の身体を動かす運動や屈伸運動などと言われています。お腹を腸の走行に沿ってマッサージする“のの字マッサージ”も効果的だと言われています。

便の回数はその子の体質などによって異なるので、一概に何日出ないと便秘だという基準や病院に行かなくてはならないといった目安はないと言われています。そのため、子どもの機嫌と普段の排便の様子や回数から便秘かどうかを判断する必要があります。

便がずっと出ずにお腹が張って食欲がなくなったり、大きな便がコロコロして硬かったり、肛門に傷がついていて痛がったりする場合は病院に相談する方がよいでしょう。