H29.8月 ほけんだより

夏も本番を迎え、日差しが強くなってきました。体温調節機能が十分に発達していない乳幼児では、特に熱中症にかかりやすいといわれていますので、より一層の熱中症対策を行う必要があります。

?対策?

・水分を多めにとりましょう

新陳代謝が活発なため、汗や尿として体からでていく水分が多く、脱水をおこしやすい体です。水分を多く含む食事や、定期的な水分補給を心掛けましょう。

・熱や日差しから守りましょう

自律神経の働きが未熟で、放熱や発汗による体温調節がうまくできません。熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選んだり、日光を遮る帽子などを身に付けたりしましょう。

・地面の熱に気をつけましょう

背が低かったり、ベビーカーの利用などで大人よりも地面に近い環境で過ごすことが多く、地表からの熱を受けやすくなります。子どもの高さの気温や湿度を気にかけましょう。

・室内遊びも油断は禁物です

日差しがない屋内では大丈夫だろうと油断しがちです。屋外と同じ対策を意識しましょう。