園だより H28.10月号

あいにくの天気で体育館での運動会となりました。それでも、多くの方にお越しいただき、子どもたちも職員も日頃の姿や練習してきた成果を、とてもはりきって見せていました。私の挨拶でも、お話しさせていただきましたが、本番で泣いてしまったり、出来ていたのが出来なかったり、緊張で間違えてしまったりと様々な姿がありましたが、それでも子どもたちにとっては、しっかりと実りある運動会となりました。その他の行事でもそうなのですが、行事は子どもの成長にとって節目に過ぎません。大事なのは、その為に頑張ってきた日々の姿です。夏の始めの頃、職員たちと運動会の目的、ねらいを再確認しました。それが今回の日々の姿を見てもらうということです。閉会式の頃には、その成長に涙が出そうになりました。 オリンピックより盛り上がったのではと勝手に自負しております。これからも子どもたちや保護者の方、地域の皆様と共に、ゆらりん豊四保育園を盛り上げていければと思います。 改めまして、今回の運動会では何かとご不便をおかけし、またご協力をいただきまして誠に感謝申し上げます。これからも皆様と一緒に子どもたちの成長を見守らせていただければと思います。ありがとうございました。