保健だよりH30年6月

乳幼児期は、口腔機能発達や、歯の生える時期です。五感を育て、咀嚼習慣を育成する大切な時期です。

よく噛むことのメリット

食べ物が栄養分として消化吸収されやすくなる。

素材の味や歯ごたえ、噛む音等、五感を使って楽しむことが出来る。

唾液がたくさん出て、口の中がきれいになる

満腹感を得ることが出来る