おたより H29年11月

朝夕の冷え込みが厳しく、秋の終わりを感じる頃となりました。大人は、日中の温度差に、負けそうになりますが、お散歩から帰ってくる子ども達はその手にはっぱやどんぐりを握りしめ、「えんちょうせんせいー!みて、みて、どんぐりあったよ!」「あかいはっぱあったよ!」と自慢げに見せてくれます。自然を身近に感じやすい季節、秋ならではの探索遊びを五感で感じながら楽しんでいます。11月7日は暦の上は冬が始まる「立冬」です。次第に北からの冷たい風がやってきて、いよいよ冬到来となります。お子様の衣類の調節も脱いだり着たりと秋から冬への移り変わりのなかで薄着の習慣を身につけて自律神経の発達を促し、丈夫な身体作りを心がけ、これからやってくる本格的な冬に備えて、風邪などひかないように過ごしたいものですね‥