給食だより H29年8月

暑い日が続き、夏本番ですね。

この時期は食欲がなかったり、睡眠不足などで体力が落ちてきたりします。

食事も簡単にしてしまいがちですが、朝、昼、夕の食事はきちんと摂ることが大切です。

冷たい飲み物の摂りすぎなどで胃腸も弱っていますので、食事の時間に涼しい環境づくりをし、温かい食べ物を食べることも必要です。夏野菜の炒め物や、温かいスープ、味噌汁などを朝の涼しい時間に食べることをおすすめします。

 

夏バテを吹き飛ばそう!!

その①

★夏野菜で熱をとりましょう

胡瓜・トマト・ナス・セロリ・レタス・モヤシ・オクラなど、夏の暑い時期に旬を迎える夏野菜は、

体の余分な熱をとるものが多いです。

その②

★ジュースや炭酸飲料より、麦茶、水を飲みましょう。

糖分の過剰摂取にもつながりますので、100%果汁のものは少し薄めるなどの工夫をしましょう

お菓子や果物のとりすぎにも注意してください。

その③

朝ごはんを食べよう。

★早寝・早起きで、毎日のリズムをしっかりつくりましょう。

★朝ごはんを食べましょう。

(朝食だけだ無く、昼食も抜かないように心がけましょう。)

★たんぱく質・ビタミン・ミネラルを十分にとりましょう。

7月には保育園でも

プール遊びが 始まりました。

体力の消耗が激しい運動ですので、朝食は必ず食べてきてください。

バナナなどは消化も早く、運動前に摂取すると効果的な食品です。