12月保健だより

11月も感染症の発症なく過ごすことが出来ました。しかし江東区内では11月に入り、感染性胃腸炎(おなかの風邪)の報告が急増していました。多くの保育園で流行が聞かれました。感染性胃腸炎は、感染力が非常に強く、ごく少量のウイルスでも感染します。保育園は集団生活の為、嘔吐・下痢の症状が見られた場合は、熱がないからと登園せず、ご家庭で様子を見て頂く事が、流行拡大の防止となります。
また、今季はインフルエンザの流行が全国的に早い立ち上がりとのニュースが聞かれ、近隣でもインフルエンザの発症が始まっています。園内ではインフルエンザが発生した潜伏期間中は、感染拡大を防ぐため、37.5℃の微熱からお迎えをお願いしたいと思います。ご協力お願いします。 出来るだけ早めに予防接種を済ませて頂き、インフルエンザ予防接種が2回終了しましたら、母子手帳の提出をお願いします。

 最近の「柔軟仕上げ剤」の「匂いの強い香料ブーム」によって、頭痛やめまいを起こす場合もある様です。香りへの感受性には個人差があります。すべての人にその香りが爽快とは限らず、中には喘息の発作を誘発したり、アトピー性皮膚炎の痒みを誘発したり、その他の多様な症状を引き起こす可能性があります。園内でも、強く柔軟剤の香りを残した衣服を着ているお子様がみられます。多種多様な体質の子どもが集まる保育園ですので、再度、柔軟剤の適量を確認して頂ければと思います。