10月保健だより

9月の感染症

*ヘルパンギーナ・・・2名

9月後半より、区内でも「RSウイルス感染症」の発症が聞かれました。咳症状が続くようでしたら、受診をお願い致します。

また、これからの季節「胃腸炎(おなかの風邪)」の流行が心配されます。保育園は集団生活ですので、熱がなくても嘔吐や下痢の症状が続いている場合は、登園を控えて頂くか、登園可能か受診し確認して頂くようご協力お願いします。

 

10月10日は目の愛護デー視力の発達に重要な乳幼児期

5歳で1.0以上になり、その後発達の程度は緩やかになり、8~10歳くらいで完全に止まります。また、就学時までに弱視の治療を開始しない場合には、正常な視機能生まれたばかりのときは0.01くらいだった視力は、生後6週ころから急速に発達し、3歳でその基礎が出来るとされています。5歳で1.0以上になり、その後発達の程度には緩やかになります。また就学時前までに弱視の治療を開始しない場合には正常な視機能を獲得出来る可能性が低くなる事も明らかにされています。ですから、乳幼児期に、なんらかのトラブルで視力の発達がうまくいかなかった場合、その後視力を伸ばすのはとても難しいのです。

日ごろから子どもの目の状態に注意を向け、おかしいと思ったら、早めに受診しましょう。