H28年12月 ほけんだより

年の瀬に向かい、なにかと慌ただしい12月。クリスマスにお正月などお楽しみもいっぱいですが、生活リズムも崩れがちで感染症も流行る時期です。休み中も早寝早起きを心がけ、規則的な生活リズムをなるべく崩さない様に気を配っていきましょう。

冬は肌荒れの季節

空気が乾燥する冬は、お肌も乾燥しますよね。特に子どもは、肌のバリア機能が未発達のため大人以上に荒れやすいのです。お風呂を上がった後や手洗いの後など、こまめに保湿クリームを塗りましょう。

ノロウイルスに要注意!

 冬場に増えるノロウイルスは、通常10月から2月頃まで感染のシーズンが続きます。

ウイルスは牡蠣やアサリなど二枚貝に蓄積されますが、貝類からの感染よりも感染者の嘔吐物や排泄物からうつる2次感染のケースが多いようです。感染すると、激しい下痢や嘔吐、腹痛があり38度以上の発熱も伴います。今のところ直接的に予防したり治療する方法がないため、基本的に対症療法しかありません。お家でもできる予防策としては、

①二枚貝は加熱して食べる。

②食事の際にはせっけんで手を洗う。

※ウイルスを殺すことは出来ませんが手から洗い流すことは出来ます。

 症状が回復してからも排泄物などを通してウイルスは1週間から1ヶ月ほど体外に出るため、オムツ替えのときなど注意して下さい。