給食だより H28年5月

4月からあっという間に一カ月がたち、子ども達も新しい生活にも少しづつ慣れてきたと思います。たくさんの子ども達が給食の時間を楽しみにしてくれて「今日の給食なあに?」と声をかけてくれることが多くなりました。これからも保育園の給食や食育活動を通して食べ物への興味・関心を深め、さらにマナーや社会性(皆で食べる楽しさ等)を学べるよう給食室でも日々工夫していきたいと思います。

✿早寝・早起き・朝ごはん  3か条✿
①早寝・・・「毎日決まった時間に寝ましょう 」子どもの生活リズムを大切に、昼間はしっかり
体を動かし、夕飯は早めに食べ、ゆっくりと就寝しましょう。
②早起き・・・「朝食の30分前には起きましょう 」朝、太陽を浴びる事によって体内時間が
リセットされて、体が目覚めます。しっかり目覚めて「お腹がすいた」という感
覚を味わってから朝食を食べる事ができるように、早めに起きましょう。
③朝ごはん・・・「ゆっくり、しっかり食べましょう 」朝は、1日元気に過ごすための源。脳にエ
ネルギーを補給し、体の全ての機能を目覚めさせる役割をもっています。
朝ごはんを食べないと脳の働きが悪くなり、精神的にも落ち着きのない
状態になってしまいます。

緑の野菜...!?
 みんなが給食を食べている時間にお部屋をのぞいてみるとみんな楽しそうに給食をたべています!しかし…あれあれ?
緑の野菜が嫌いなのかお皿の端によけているのが見られました…
 子ども達は「緑=苦い、嫌い」と認識してしまうことが多いそうです。ですが、「好き嫌いの克服は一日にしてならず!」嫌いなものを無理に食べさせれば余計に苦手意識が高くなってしまいます。
子どもは些細なきっかけで食べれるようになったり、チャレンジしてみようと思うものです。少しでも食べれたら一緒に喜んであげてください♪