キッチンだより H29年7月

梅雨の合間のまぶしい日ざしに夏を感じるこのごろです。
急に暑くなるので体調を崩しがちになります。食事はしっかりとり、水分補給もこまめにしましょう。

七夕そうめん

平安時代、「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」として、7月7日にそうめんを食べる風習が宮中に広まり、次第に一般にも普及したと伝えられています。また、真夏に弱った体をいたわるために、消化のよいそうめんを食べる習慣が生まれ、お中元にそうめんを贈るようになった、という説もあります。そうめんを食べるときは、麺だけではなく卵や鶏肉、野菜をトッピングして栄養を補いましょう。
夏バテ解消にぴったりです。