キッチンだより H28年6月

<栄養たっぷり!!発酵食品>
私たちの身の回りには味噌・しょうゆ・酢・納豆・ヨーグルト・かつお節など、たくさんの発酵食品があります。
発酵とは、微生物の働きによって食材が分解され変化する現象です。発酵食品は食物繊維ととても相性がよく、乳酸菌の増殖を助けて腸内環境を整える働きがあります。ごぼう・芋類・豆類と漬物・味噌・納豆などを
組み合わせた日本の伝統の食生活は理にかなっているといえます。
いつもの食事に積極的に取り入れるようにしましょう。