えんだより H30年5月

新年度がスタートして、早くも1か月が経ちました。
子どもたちは、青空の下泳ぐこいのぼりのように、元気に過ごしています。

新しい環境にも慣れ始め、色々な事に興味を示す姿が多くなりましたよ。今では子どもたちの成長に合った製作を楽しんだり、子どもの日の行事にむけて、こいのぼりを作ったりと嬉しそうにしている姿を見ると、日々の成長が感じられます。それに応える為に私たちは、一人ひとりに愛情いっぱいの水を注ぎ、どんな花が咲くのか楽しみに毎日の保育に励んでおります。

子どもたちもまた、どんな花になろうかと迷って泣いたり、笑ったり、遊んだり、わがまましたりと色々な経験を試みているところだと思います。 これからも子ども達に寄り添い、大切な芽を潰すことのない保育を心掛けていきますので、ご家庭での様子などもお聞かせ下さい。