えんだより H29年 2月

大寒を過ぎ、少しずつ温かくなる時期ではありますが、まだ「寒いですね!」が挨拶代わりになっています。温かい食べ物、規則的な生活習慣で風邪などひかないように気をつけて行きましょう。

 先日、講師の方をお招きし、カプラ遊びを3.4.5歳児で行いました。壮大な創造力を引き出して頂き、4000ピースを使って遊びました。年度当初、寒くなる季節で室内遊びが充実するようにと1月に設定していたのですが、年末年始に脳科学の分野でメディア紹介され、今ちょっとしたブームになっているそうです。カプラは全く同じ形の板状の物を「立てる」「寝かせる」「起こす」という表現で、いろんな物を作りあげていきます。子ども達の無限の創造力を湧き立て、指先への神経、集中力、注意力、様々な感性を持って取り組む遊びです。簡単な片付け方法を教えて頂き、最後まで楽しむ事ができる遊びとなりました。今後も子ども達の成長や可能性を引き出せる事を取り入れていきたいと思います。是非インターネット等で「カプラ」と検索してみてください。