えんだより H28年 11月

街の樹木が色づく頃となりました。保育園では七五三に合わせて、紅葉狩りも兼ね、神社へお参りに行く予定を立てています。

七五三は男女でお祝いする歳が違いますが、それぞれに意味があります。3歳=男女とも髪を伸ばし始める『髪置(かみおき)』。5歳=男の衣服であった袴を着る『袴着(はかまぎ)』。7歳=女の子の着物帯の装い始め『帯解(おびとき)』だそうです。成長をお祝いするだけでなく子ども自身にも『大きくなるんだ!』という意識を持たせていく時期だと思います。また1年の半分を過ぎ、3月迄の残りの期間でやり残しのないようにそして、更に成長していくことを目指して、大人の関わり方も少しずつ変えて行く必要があります。子どもの能力を信じ、見守る勇気、援助をするタイミングなど、間違わないようにしていきたいものです。

2歳児~5歳児は保育参観も予定しており、家庭での姿と集団に入った時の姿の違いをご覧頂き、家庭での関わり方を再検討する要素となって頂ければ幸いです。また、5歳児においては個人面談を実施致しますので就学に向けての課題を一緒に検討させて頂けたらと思います。よろしくお願い致します。