10月保健だより

衣服の調節で体調管理をしていきましょう
ここ最近は、朝晩肌寒くなり、日中涼しく感じる日もでてきました。
本格的な寒さを迎える前のこの時期に薄着の習慣をつけておくと、風邪をひきにくい体となります。
外気を肌で直接感じることで自律神経が整い、病気への抵抗力が高まります。

また、保育室内は今の時期24~25℃あります。その中で子どもたちは活動しています。寒い時は薄手の衣服を重ねるなどして、調節しやすい服装にしましょう。

基本的な予防の手洗い、うがいも合わせて行っていくようにしましょう。