8月保健だより

夏のかぜ

プール熱、ヘルパンギーナ、手足口病など、子どもの夏かぜは症状が重くなる場合があります。
夏かぜの予防法も冬場と同じで、手洗いが基本となります。しっかり手洗いを行いましょう。
また、8月7日は「鼻の日」です。

鼻水、鼻づまりを放置しておくと、中耳炎やのどの炎症など他の器官にも症状が広がることがあります。症状がある時は早めに受診し、悪化を防ぐようにしましょう。