2月保健だより

<乾燥対策のポイント>
湿度50%になると肌の乾燥が始まるといわれています。加湿器の使用、洗濯物の部屋干しなどで湿度を調節しましょう。
乳幼児期の皮膚の特徴として、乾燥肌になりやすく、皮膚全体の厚さがうすく刺激に弱いことがあげられます。
バリア機能が弱く、外的刺激をうけやすいため、保湿が大切となってきます。日常的なケアを心がけましょう。